CATEGORY

印鑑

認印が人間関係を円滑にする

信用運を高める認印の力 全ての印鑑の中で一番使用頻度が高いのが認印です。仕事をしている人なら毎日のように捺印の機会があります。 1本としての力では実印が一番強く、影響力も大なのですが、認印の使用頻度が高い人は、結構認印の効力が大きく出る場合もあります。 認印で開運した事例 以前に認印をご購入いただいた方からお便りを […]

実印は最も大事な印鑑

実印は持ち主とイコールの存在 「実印はその人そのもである。」と印相では言われています。「実印は使用者を映し、使用者の全てが実印に現れる。」と。 良い印相で素材・書体・八方位の調和が取れている実印は使用者の充実した人生を創造してくれます。 そしてもう一つ大事なことは、実印は目標を作り出すということです。 逆に言えば、 […]

鑑定と彫りに使う時の文字の違い

印鑑は旧字体を基本として鑑定するものですが、実際に彫る時は新字体でも構いません。 正確にいうと旧字体や新字体で彫るのではなく、旧字体を鑑定に使い、実際に字入れをするときは、篆書体という文字の起源に戻って書体を作ります。 篆書体もいろいろ変化のつけ方があり、旧字風にしたり新字体の要素を残したり、両方可能です。 分かり […]

女性用の実印の彫り方

女性用の実印は名前のみで作成するのが大吉ですが、その名前を縦に彫る方法と横に彫る方法とがございます。 当店では余程の理由や特殊ケースを除いては、ほぼ全て横彫りにしております。 縦と横にはそれぞれ意味がありますが、横の方が女性としての幸せを得るにベストの彫り方なのです。 愛情、家庭、財、安定等の運がより強く出ます。 […]

男女の実印サイズが同じ場合はどうするのか?夫婦で同じサイズの印鑑は凶

世間では実印の一般的なサイズは15mm以上となっております。 そのため男性でも実印のサイズが15mmの方が大勢います。 特にこれでも問題はないのですが、夫婦の実印サイズのバランスを考える時に、どうしても支障が出てきてしまいます。 女性の実印で一番の大吉寸法が直径15mmだからです。 男女で同じサイズの実印は、反発し […]

印鑑ケースに吉凶はあるのか(ケースの素材について)

印鑑ケースの吉凶についてですが、まず印鑑と印鑑ケースは役割が違うということを認識する必要があります。 印鑑には使用者の魂が宿ります。それ故に印鑑の素材や書体の【相】が運勢に影響するのです。 だから国際数霊印相学会では天然素材の生きた印材である樹木の【柘】にこだわっているのです。 印鑑ケースの役割は印鑑を保護すること […]

改名での実印

名前の画数が悪いため、印鑑作成時に普段使用している通称名(改名)で印鑑を作りたい、という方もおられます。 「改名の名前で作った方がいいのでしょうか?」と。 しかし答えは「ノー」となります。 印鑑には改名効果があり、100%ではありませんが、元の名前が悪くても災いを抑え開運に導く作用があります。このため「悪い名前だっ […]

【鶴亀】印鑑ケース発売!

以前からご要望の強かった西陣織の印鑑ケースを発売いたします。 ゴールド調の風水仕様で鶴亀が織られている、見るからに縁起の良い印鑑ケースです。 今回は印鑑ケース単品の販売ではなく、注文時に鶴亀ケースへ格安でバージョンアップできるシステムにさせて頂きました。印鑑のご購入と同時にバージョンアップ版もお申し込み下さい。 金 […]

印鑑は流れを変える

以前にこんなことがありました。 「認印購入したから人間関係が良くなった。これって印鑑のおかげですか?」と。 私からみれば全く不思議ではありません。よくあることです。人間関係って表面上の場合はわずかな雰囲気の差って重要ですよね。ちょっとした表情で話やすいとか、あの人は感じ悪いってなってしまうのですから。 印鑑によって […]

印鑑のサイズ

印鑑は基本的に用途は一つです。実印なら実印としての使用になるわけで、同様に認印を銀行印や実印として使うことはできません。 もちろん印相上での話しです。 現実的には認印を銀行印として登録することはできますが、そのようなことをしたら、金運に恵まれず、小さな運気に落ち着いてしまいます。さらには縦彫りの認印は天から降りてく […]

印鑑の選び方<開運印鑑の購入はこれからの人生への投資である>

印鑑の選び方には、 質を優先する方法 サイズを優先する方法 の2つがございます。 女性用印鑑はサイズ組み合わせが一つですので、薩摩上柘(特級)か御蔵本柘か、の二つしか選択肢がありませんが、男性用はサイズがたくさんありますので、迷っておられる方も大勢いるのではないでしょうか? 開運印鑑は大きさによって開運力に違いが出 […]

認印の横彫り??縦彫りと横彫りの本当の意味とは

認印は縦彫りが基本ですが、実は認印は横彫りで作っても大丈夫です。 横彫りは<運勢を落ち着かせる>意味合いがありまして、運勢が座るといいますか、磐石にするには適した彫り方なのです。 ちなみに縦彫りの意味は<成長・発展・進化・精進>という意味があります。またこれは一部で、他にもたくさんの意味が存在します。 こんな秘密に […]

実印が実力を語る~実印に宿る分身の秘密にせまる

印鑑には実印・銀行印・認印の三種類がございますが、その中でも一番運勢に影響するのはやはり【実印】です。 実印は【その人そのもの】ということができます。 霊能者も認める実印の秘密とは 以前にある世界的霊能者が印鑑を霊眼(れいがん)で見たところ、その持ち主と同じ姿をした小人が印鑑の中に入っていたそうです。 要するに印鑑 […]

女性の認印の作り方~認印は必ず名字で作る意味

認印は姓のみで彫るのが基本です。 認印は仕事や家庭など、いわゆる名字で生活する場面で使う印鑑ですので、姓のみが一番ピタリとくるのです。 例えば宅急便の受け取り印の捺印に「名前のみのはんこ」って変ですよね? 仕事でも書類の欄に【京子】なんて捺印したら、「これ誰だ?」ってことになります。 このように一般常識で不自然と出 […]

改印は人生の再生〜古くなった印鑑は交換した方が運も良くなる

よく「一生物」という言葉が使われますが、この世に一生物になるようなものはほとんどありません。 物質は空気に触れれば酸化が進み、どのようなものでも劣化・腐敗していくものです。 印鑑も同じです。 改印はひとつの開運方法 象牙のような硬い素材であっても落とせば簡単に割れることもありますし、実際に当店には「象牙が欠けてしま […]

開運印鑑は3本セットを揃えると最強になる

印鑑には「3本セット揃って初めてあらゆる運気が整う」という意味があります。 単独でももちろん効果は発揮しますが、1+1+1が3ではなく、5にも6にもなるのです。 つまりそれぞれの役割を分担することにより、各々が効力を存分に発揮し、さらに相乗効果を生むという考え方です。 印鑑の代用は力の分散を招く 逆に1本で実印、銀 […]

5分で仕上げ?世間の機械彫り印鑑の実態とは

以前に印鑑関係者の人とお話をさせていただく機会がございました。 その業者さんは印鑑作成の彫刻マシーン(機械彫り)も販売しておりまして、私が「印影(書体)の製作にものすごく時間を費やしている」という話をしたらとても驚いておりました。 あっという間に完成する機械彫りのハンコ 「何でおどろくのかな?当たり前のことなのに」 […]

認印の働き~信頼を得て日々の人生を充実させる

印鑑には実印・銀行印・認印の3種類がメインとしてありますが、その中で最も重要で一番効力が高いのは実印です。 実印=その人そのもの、と言っても過言ではありません。 意外と重要な認印の力 しかし時として認印が実印の働き・効力を上回ることもあります。 それは使用頻度の違いです。 認印を仕事などで使用する人は押す回数も印鑑 […]

銀行印は財運と健康運を上げる~印鑑にはそれぞれ意味がある

印鑑には大きく分けて実印・銀行印・認印の三つがありますが、それぞれには印相上の意味があり、その意味(象意)の特徴を最大限に発揮するために数霊による寸法が決められています。 何でもよい訳ではございません。さらには彫り方にも規則があるものです。 銀行印は財運と健康運を司る ところで銀行口座や証券口座に登録する銀行印には […]

自称開運印鑑屋?業者が作った楽天仕様のホームページに騙されるな

今ではホームページ作成の技術が大変発達してきたおかげで、全くの素人でも業者さんに頼めば、素晴らしいホームページが簡単に出来上がってしまいます。 最近久しぶりにネット検索で市場調査してみましたら、以前よりだいぶお店が増えているのに驚かされました。 やはり時代がネットでの販売なくしては語れないようになってきているからで […]