CATEGORY

凶相印鑑

印鑑の欠けの判断基準

印鑑の欠けの判断基準に関してお話させて頂きます。 印鑑のみならず、全ての物質は消耗していくものですので、印鑑も捺印を重ねるうちに磨耗するのは当然のことです。 特に本柘は木ですので、欠けなくても徐々に磨り減ってくる場合があります。 ただしこの若干の磨耗レベルは欠けたわけではありませんので、凶作用は起きません。 また何 […]

三文判ならシャチハタを

三文判は最も凶相の印鑑の一つです。 しかしその作用の現れ方が強烈ではないので分からないまま不運な人生を送っている人が多いのです。 例えば水晶やチタンの印鑑を持てば、明らかに不運が襲うので何となく何かおかしい、と気づくのですが、三文判は何気なく恵まれない、うだつがあがらない、というごく自然な?不運人生なので分かりにく […]

水晶印鑑を使用して不幸になった人の実際の被害報告内容

実際に国際数霊印相学会に寄せられた、水晶印鑑の被害報告を紹介させて頂きます。 数年前の事ですが、一通のメールが届きました。 四国の方で、自分も家族もボロボロになったのでどうすれば良いかという内容です。 よく読んでみると、無料の姓名判断を受けにいったら、「名前が悪いから印鑑を作らないと不幸になる」と言われ、30万円も […]

水晶印鑑の被害と凶作用の出方について【宝石印鑑を使ってはいけない理由】

水晶やメノウ、タイガーアイ、ラピスラズリ、黄水晶等のパワーストーンを使った印鑑(宝石印鑑)が最近増えています。 いかにも開運しそうなイメージではありますが、実は相当凶作用が強い(不幸になる印相)ですので、注意が必要です。 パワーストーンは用途によって吉にも凶にもなる 水晶や他の宝石印鑑に使われる天然石には確かにパワ […]