開運の電子印鑑

開運の電子印鑑の作成販売

時代は進み、オンラインでの企業間取引や社内決裁も増えるにつれて、電子印鑑の需要も急速に高まってきました。

世間には自分で電子印鑑を作れるサイトやソフトも存在しますが、印影が明らかに不自然で貧相です。
当然印相的にも凶相となりますので、例えオンライン上の書類であっても、貧相な印影を会社や個人のサインとして使うのには問題があります。

以上のことから、当店にも「オンラインで使用できる、立派で風格のある大吉の電子印鑑」の要望が届くようになったため、この度印鑑の種類を絞った上で、電子印鑑の販売を行うことにしました。

スポンサーリンク

電子印鑑の安全性を考慮し、種類を絞って対応

しかし電子印鑑にはリスクも付き物で、画像がコピーされれば悪用やなりすましも出来てしまいます。

特に実印や銀行印には完全なセキュリティ対策が必要ですので、これらの印鑑を一切画像化しないことを当店のセキュリティ・ポリシーとしてきました。

だからこそ、普通のハンコ屋さんが行っている「印影の事前プレビューサービスはもってのほか」として警告してきたのです。

印鑑の安全上の最大の利点は、アナログにあります。アナログだからこそセキュリティが保てるわけです。

しかし時代の流れも考えて、社内や取引での利便性も考慮し、また今後テレワークや在宅勤務も増えることが予想され、電子印鑑も必要なツールになってくると思われることから、「直接セキュリティに関わることのない印鑑のみに、電子印鑑を採用すれば問題はない。むしろ社会生活もスムーズになる」という結論に達し、下記の印鑑のみ、電子印鑑の提供を始めます。

  1. 個人用の認印
  2. 法人用の角印、または契約印(認印)

個人用・法人用ともに実印と銀行印は、電子印鑑には出来ません。
これらはセキュリティの都合上、一切世間には見せないことで、安全性を保てるものです。

電子印鑑の価格と権利内容

男女とも同サイズ(画像サイズ)、同価格となります。
電子印鑑は画像ですので、書類に合わせてサイズを変更できます。

価格には、次の全てが含まれます。

  1. 印相デザイン料
    印鑑(現物)と同じように、姓名・生年月日・音霊等を鑑定考慮した上で、運気の底上げを促し、凶が吉に、吉が大吉になるように幸運の印相に仕上げます。
  2. 出稿作業料(送料含む)
    印影を画像化して、メール添付または、ダウンロードでのお渡しとなります。
    画像は、PNG形式の透過画像となります。
    ※透過画像とは、背景が透ける画像形式で、文字の上に重ねて、印鑑を押したようにできるファイル形式です。
  3. 永久使用権
    一度購入すれば、画像ですので、永遠に使用できます。
    紛失も含めて、どんな理由でも再発行は有料となります。(5000円)
  4. 画像の編集権利
    用途に合わせて、自分で画像やファイル形式、色設定、自己責任の上でデザイン変更をご自由に行って結構です。

電子印鑑のご注文方法

個人用認印 法人用角印 法人用認印(契約印)
電子印鑑(徳川) 印影見本:国際数霊印相学会 印影見本:開運成功冨栄
姓の縦彫り 法人名・組織名 外枠:法人名、組織名
内枠:代表之印、契約之印
19000円 28000円 28000円

上記の価格をクリックして、ショッピングカートのページでご注文手続きをお願いいたします。

★電子印鑑の使い方は、こちらのページをご覧下さい。

会社印の注意事項

  • 角印の場合: 法人名や組織名の印影となります。
  • 法人用認印(契約印)の場合: 丸印である認印(契約印)は、代表印(実印)の代わりに通常契約に使う、実印のコピーになります。
    頻繁に捺印する場合など、法人登記に使った実印をあまり使用したくない場合に使用されるものです。
    通常契約や捺印は、認印(契約印)で行い、印鑑証明を供なう重要書類への捺印のみに代表印(実印)を使用する方が多いです。
  • 上記の場合、実印と区別するために、内枠を「代表之印」「契約之印」等に変更して作ります。
  • 基本は「代表之印」として彫ります。「契約之印」や他の文字をご希望の場合は、必ず注文時に備考欄にお書き下さい。ご希望が書かれていない場合は自動的に「代表之印」となります。

個人印の注意事項

  • 個人用の認印は「姓の縦彫り(基本)」以外に、「姓の横彫り」「名の縦彫り」「名の横彫り」も可能です。ご希望の場合は必ず備考欄にご記入下さい。
  • ご希望が書かれていない場合は、自動的に基本ルールである「姓の縦彫り」となります。

その他

  • 過去に印鑑の現物をご注文され、同じ印影の電子印鑑をご注文の場合でも上記の価格となります。
  • 印鑑に彫る作業は、朱肉を付けて捺印した状態も計算に含んだ上で彫りますが、電子印鑑の場合は、完成形を想定してデザイン化しますので、工程が全く別となり、一からの作業になります。
  • また同じ印影といっても、寸分狂いなく同じものは手作りの都合上できませんので、予めご了承ください。
スポンサーリンク

電子印鑑の納期について

印鑑(現物)と同時注文の場合は、印鑑(現物)と同じ納期になります。

電子印鑑のみのご注文は、1~2ヵ月以内で仕上げます。印影作成後のデザイン出稿作業は、私以外の社員でも可能なので、現物よりも納期が早くできます。

電子印鑑を早めに欲しい場合は、現物とは別にお申込みください。

電子印鑑の付属品

画像ですので、メール添付、またはダウンロードでの納品となります。
納品時の同梱内容は下記の通りとなります。

  1. 電子印鑑(PNG形式の透過画像)
  2. PDFファイルの鑑定書(電子印鑑がカラーで表示されています)

以上、2点での納品となります。

電子印鑑の使い方

電子印鑑の使用方法は、下記のページをご覧下さい。

スポンサーリンク