実印登録の効果と吉日の選び方~見えない世界で広がる幸運の力

実印は実印登録することにより 良い運気が社会に広がっていく印鑑の正しい扱い方

前回のブログにも書きましたが、実印は運勢的にも現実的にも最も重要な働きがありますので、使うか使わないかという問題ではなく、必ず所持される方がよろしいでしょう。

また実印を購入した後は、必ず役所で実印登録をすることをおすすめします。

実印登録することにより、見えない世界で広がる幸運の力

開運や占いの世界とは目に見えないものですが、それは存在する次元界が違うから見えないだけなのであり、実際には別の次元界で存在しているのです。

例えば現実の世界、つまり目に見える世界は三次元界です。
また、私たちには肉体の他に【心】という精神世界が存在します。

人の心は他人の目で見ることはできませんが、その人の中には心の世界が存在します。

「想像(イメージ)の世界」と思って頂いても結構です。現実界には存在しないものでも、人の想念の世界には存在する事が可能なのです。

これが次元界の法則なのです。

肉体は3次元であり、想念の心の世界(イメージ)は四次元の世界なのです。

開運の力は四次元パワー

占いや開運の効力というのは、この四次元+αの世界での開運効果が、現実化していく過程のことなのです。

実印登録をすると、実印に込められた意味と効力が見えない世界で広がっていくのです。もちろん実印登録なしでも広がっていきますが、現実的にも登録するという行為がその広がりをさらに確実に強く押し出すのです。

よく当店のお客様から「実印登録しただけで、体中にエネルギーが充満するのを感じた」と報告を頂いているほどです。

想念界を広げるには、やはり同時にこの世での行為が伴うことが有効ですので、現実的に実印を登録することが大変重要になってくるのです。

実印を購入された後は、是非、実印登録をされるといいでしょう。

実印登録には吉日がいいのか

最後に「実印登録の日はいつがいいか?」というご質問を頂きますが、自分の信じる大安や他の占いでの吉日を選んでいただけば問題ありません。

私の方で既に印鑑そのものを大吉に仕上げておりますので、日取りに左右されることはありません。

大吉で作った実印は、何をしても大吉に変わりありません。

登録日が凶の日であっても、大吉の実印が凶相印になることはあり得ないのです。

ただし運勢は心の影響を多分に受けますので、ネガティブな気持ちがあれば効果も薄れてしまいます。そのために、実際にはそれほど関係がなくても、ご自身の信じる吉日を選ぶのはとても良い方法になります。

もともと全ての占いで共通の大吉の日はありません。

ある占いでは大吉でも、別の占いでは大凶の場合もあるのです。よって、全ての占いをみるのではなく、ご自身にとって一番相性が良く、信じられる占いに絞り、その吉日を選ぶのがベストと言えます。

もし、日取りを気にしない方でしたら、登録日は一切考えなくても大丈夫です。
私の作った大吉の印鑑は何をしても大吉なのですから。

タイトルとURLをコピーしました