ファストフードが健康に及ぼす恐ろしい話と実態

皆様、ファストフードって健康に良いと思いますか?
毎日ファストフードを食べ続けるとどのようになるかご存知でしょうか?

ファストフード大国であるアメリカに行った事のある人、住んで多くの人と会ったことのある人はご存知だと思いますが、その太り方は半端ではないですね(>_<)。

スポンサーリンク

太っている人のレベルが半端ないアメリカ

大相撲の力士のような人がゴロゴロいます。

日本人で太ってると言われる人がアメリカに行けば「大して太っていない」という感じです。

またそれとは逆に、アメリカ人で健康に気をつけているベジタリアンや有機食品・無添加愛好家は、素晴らしい美しい肉体をお持ちです。
アメリカでは、健康と肉体美の上下差が両極端と言えます。

それもそのはず、私も3つの家庭でホームステイしたことがありますが、そこの住人は全員相当のメタボでした。食事内容はというと、私はそれらの家庭で10分以上調理したのも見たことがありません(ーー゛)

  • 月曜は、ケンタッキーフライドチキンのみ
  • 火曜は、ピザのみ
  • 水曜は、 ・・・のみ
  • 土日は、マクドナルド

・・・のみ、と書いたのは、他に一切のおかず、野菜、果物がない、という意味です。

またスーパーに行けば、電子レンジ食品のなんと充実していること。そのままレンジでチンして、それが夕食になる、といった感じです。太るはずです。

ここで注意しなければいけないのは、電子レンジ食品やファストフードのみの食事をすると、相当に太るだけでなく、病気になりやすくなるという事実です。

ということは、そのような食事そのものが健康に悪く、毒性があるという証明にもなります。

ファストフードの食品は有害である事実

アメリカのあるハンバーガーチェーンの弁護士は、「同社の食品の危険性は一般的に知られている」と話しております。また法的書類の中で、「同社の食品が経るあらゆる加工によって、その食品が未加工の場合よりも有害になることは常識である」と述べております。

チキンナゲットは、遺伝子を組み換えられた結果、異常に胸の発達した鶏肉から作られているそうです。

マクドナルド社については「スーパーサイズミー」という映画・DVDがあります。これは30日間マクドナルドのメニューだけで食事を続けたら、健康や体重に大きな変化が起るかどうかを実験したドキュメンタリー映画です。

たった1ヶ月で、その男性の体重は急激に増加し、肝臓は脂肪肝となりコレステロール値、体脂肪率も上昇、気分は落ち込み、疲れやすく冠状動脈性心臓病になるリスクは倍に跳ね上がる結果となってようです。

医師は「この男性がこのままの食生活を続ければ、間違いなく心臓病、肝炎、肝硬変を始めとする数十種類の病気になり、早死にする」と診断したのです。

なんと恐ろしい話でしょうか。私の知り合いでもマクドナルドを1週間食べ続けて、じんましんが出来た人もいます。

これが薬品漬けの加工食品、ファストフードの実態なのです。

ファストフードが何故悪いかの根本的要因はいずれ書きたいと思いますが、簡単に言いますと、油なんですね。トランス脂肪酸という心臓病やガンの原因となる有害硬化油を使用しているからなんです。いずれ詳しく書かせて頂きます。
もちろん各社は時代とともに安全への配慮を始めたり、健康志向に転換する場合もありますので、この記事で書かれたことが永遠の事実というわけではありませんので、予めご了承ください。



  • 水産会社ならではの確かな品質
  • オホーツク海の海産物や、北海道各地からの新鮮な蟹や魚貝類を、市場直送

▲タラバガニ/毛ガニ/ズワイガニなど蟹のグルメ通販サイト


隠れた絶品グルメを産直!九州おとりよせ本舗
【全商品送料無料】

スポンサーリンク