おすすめの無添加シャンプー&トリートメント【健康と薄毛対策】

前回のブログ記事では、前立腺や子宮の病気の原因の一部が、シャンプー・リンス・石鹸・歯磨き粉などに含有されてる【石油系の合成界面活性剤】である事実を書きました。

これは皆さんが思っている以上にの毒性が強く、多くの原因不明の病気の原因になっていると言われています。

企業は原価を安く抑えなくては価格競争に勝てませんし、小売や問屋からの値下げ要請に耐えながら利益を出さなくてはいけないため、また在庫するための長期保存に耐えられるように、たくさんの有害な化学物質を混入しているのが現状です。

スポンサーリンク

価格の安い大手企業のシャンプーは危険な理由

はっきりと申します。テレビCMや雑誌の広告に掲載されているような有名ブランドや大手企業の商品(シャンプー・トリートメント)は、かなりの確率で鉱物系界面活性剤(ラウリル硫酸ナトリウム)を使用しています。

これは原価を安く抑えるためや、表向きの泡立ちや質感をよくするためであり、決して本当に良いからではありません。

一時的な洗い上がりや艶はよくなっても、長期的には病気、薄毛、ハゲ、脱毛、の原因となることは明らかであるため、使用を避けた方が無難であります。

また大手のCMや商品説明には「洗浄成分は全て植物性」、等を謳っているものもありますが、洗浄成分以外には化学物質が多量に使われているため、決して企業の宣伝文句に惑わされないようにすることが大切です。

大量生産できないところに安全性がある

それでは何を使用すれば良いかですが、これはそれぞれ個人の体質によりますので、合成界面活性剤、香料、等の化学成分を使用していない、中小企業の良質な商品をいくつか試してみることをお勧めします。

いわゆる「無添加シャンプー」や「オーガニックシャンプー」と呼ばれるものです。

これらの良質な製品は合成界面活性剤を使用していないため、有毒性の商品に比べて泡立ちが悪い、等の欠点がありますが、泡立ちが良いのがいい訳ではありませんので、慣れさえすれば問題はありません。

いくら泡立ちが良くても体に害がある方が問題だと気づくべきです。
表向きの一時的な滑らかな質感に惑わされないことが大切です。

また鉱物油を使用していないアミノ酸系シャンプーも最近ではかなり増えてきました。
アミノ酸系シャンプーは泡立ちもいいので、石鹸系の完全無添加シャンプーだと洗いにくく、洗ったあともギシギシして嫌だという方は、アミノ酸系シャンプーを選ぶといいと思います。

時代とともに良質なシャンプーも増えてきています

石鹸系のシャンプーは、女性である程度髪が長い方には、不向きの場合もあります。もとは石鹸のためバサバサになってしまうかもしれません。時代とともに無添加シャンプーやオーガニックシャンプー、アミノ酸系のシャンプーも増えてきておりますので、気に入ったものを使ってみてください。

石油系の合成界面活性剤(ラウリル硫酸ナトリウム、等)が入っていなければ、大丈夫です。

ちなみに、私は現在、海外のオーガニックシャンプー等を使っています。より良いものは世界中にたくさんあるため、いろいろお試し中です。

■Mild By Nature Thickening Shampoo ビオチン配合の人気商品(シャンプー)

■Mild By Nature Thickening Conditioner 同コンディショナー

スポンサーリンク