印鑑納期の短縮に向けて

現在の開運印鑑の納期は、約4か月前後(3ヵ月~最大5ヶ月)となっています。
もちろんかなり先の納品となりますので、その期間内に1~2回は大型連休が入ったり、私の予定もありますので、納品にもだいぶ変動が出ます。
また意外と作成が速く進むこともあり、人によっては「思ったよりも早く届いた」という方もいます。

よって、納期はあくまでも予定ということになります
(受注制限で一度に大量のご注文を受けるため、同じ日の注文分でも納品まで1ヵ月以上の差が出ますので、予めご了承ください)

この辺りをよくご理解いただいている方にのみ、ご注文を頂いている状況です。

スポンサーリンク

現在は予約制になっています

普通にショップを開けていると、どんどんご注文が舞い込み、納期は延びる一方になってしまいます。

以前のブログにも書いた通り、クレジットカードの与信保持期間は5ヶ月のため、5ヵ月以上の納期設定はできません。

またご注文が多すぎて、社内での注文管理も大変で、かなりの運営上の負担となっています。
会社組織ですので1年ごとに決算がありますが、半年納期ですと、売り上げの半分が期をまたぐことになりますし、いろいろと複雑化の原因となっています。

2019年3月頃には、ご注文が殺到し過ぎて6ヵ月でも間に合わない状況となってしまったため、受付をストップする事態とになりました。

そして2019年4月からはついに予約制を導入せざるを得ない状況となり、月に一度だけ受付を再開し、予定数量に達した時点で、翌月まで受付を終了することになりました。

今後の納期を短縮します

予約制を導入することにより、管理はだいぶしやすくなりました。
また1ヶ月間の作成可能本数以上の受注をかかえることもなくなりましたので、納期も安定してくるかと思います。

しかしそれでも4-5ヶ月の納期は運営上かなり複雑で負担も大きいため、納期を段階的に短縮させていき、最終的には3~4ヶ月でお届けできるようにしていきたいと思います。

そのために【印鑑の受注制限について】のページでもご案内した通り、現在は1ヵ月分の受付量を減らして極度の負担がこないようにしております。予めご了承ください。

車の買取はオークションがベスト


楽天Carオークション
【特徴】

オークション形式だから、中古車買取より圧倒的に高値で売れます。
間違っても下取りに出してはいけません。新車購入時の下取りが最も安値となります。

★カーオークション(最も高値)> 中古車買取業者 > ディーラーの下取り(最も安値)

愛車を最も高値で売却する方法

  1. まずカーセンサーの一括査定で相場を確認してください。
  2. 良い値段がついてもすぐに売ってはいけません。
  3. 楽天Carオークションを試してみてください。

おそらく自分の予想以上の高値で売れることでしょう。もし最高値で売れなかった場合は、カーセンサーの業者に戻ればそれで OK です。


カーセンサー.net簡単ネット査定

スポンサーリンク