姓名判断で名前の運勢が悪い場合の印鑑作成方法

  • 姓名判断で自分の名前がよくないので、その名前で開運印鑑を彫っても大丈夫ですか?
  • 女性ですが、名前がよくないので、名字で銀行印を作りたいのですが?

以上のような質問をよく受けます。

果たして占い鑑定上で名前が良くないと判断された場合、印鑑の作成はどうなるのか、多くの人が知りたいようです。

スポンサーリンク

開運印鑑に悪い名前を彫ると、その名前は吉と化す

しかし、ここで皆さんが全くの勘違いをしていることに気付きます。
悪い名前で作ると余計悪くなるのではなく、完全にその逆で、印鑑に彫った名前はその時点で吉に転化するのです。

開運印鑑には改名効果があり、印面上で大吉になるように彫り込みます。つまり、名前そのものは凶数であっても、印鑑の中の名前は大吉に仕上がっているのです。

その吉運の霊波動が常に自分に流れ込んできますので、よくお客様からも「国際数霊印相学会の開運印鑑を持つようになってから、名前の悪さが気にならなくなった」とお便りをいただきます。

結論として、どのような名前であっても、例え姓名判断で凶の名前であっても一切の心配はいりません。

むしろ悪いからこそその名前で作成すれば、本名そのものを強化できるのです。

これにより運勢の土台が磐石になるのです。

スポンサーリンク