女性用開運印鑑のランクと女運の高め方

女性用印鑑のランクについて、「印相奥伝の値段の高いものだと、女性として強すぎたりしませんか?」という質問もよく来ます。

しかしよく考えてください。
高くて良い印鑑が強くてマイナスになるなら、価格が高い意味がないではないですか?^^;

「安い方が幸福になれるからいい」なんて、よく考えたらおかしな話です。

スポンサーリンク

ランクの高い開運印鑑は、幸運エネルギーに満ち溢れている

印鑑は単なる強弱の世界ではありません。

女性の運気を高めるとは、強すぎるバリバリのキャリアウーマンタイプを作るわけではありません。(~_~;)
「強すぎる画数だと男性の運気を奪ってしまう」というような、姓名判断の間違った考え方が根本にあるから、その説明と印鑑をリンクさせて考えてしまっているのではないでしょうか?

しかしそもそも、姓名判断と印鑑は完全にイコールではありません。共通点もあり実際に姓名判断の悪い運勢を開運印鑑の中で抹消することができます。だから姓名判断=開運印鑑、という誤解もたまに出てきます。

しかしそれは間違いですね。特に運勢の強弱については、強い印鑑だから、女性としては問題があるということはありません。

女性用の開運印鑑は、女性としての幸せを得られるよう、より幸せになれるようにお作りするものです。

もちろん仕事等をされるかたは、社会運も同時に強めることも可能ですが、基本的には豊かな幸福のための運気が強くなるとご理解下さい。

だから結論としては、ランクの高い(値段の高い)女性用の開運印鑑は、女性としての幸運をさらに高めるものなのです。

スポンサーリンク