印鑑のグレードによる開運効果の違い【高い開運印鑑の効果が絶大な理由】

薩摩上柘と薩摩上柘(特級)の違いをよく聞かれます。

またホームページにも書いてありますし、過去の記事にてブログでもお答えしたことがあります。

関連記事

薩摩上柘(さつまじょうつげ)と薩摩上柘(特級)の違いをよく聞かれますので、あらためて説明させていただきます。 九州最南端の南薩地方で育った高級本柘素材 薩摩上柘は世の中に出回っている、通常の印鑑に使われる一般クラスの本柘(ほんつげ)です[…]

薩摩本柘のグレード 違いと特徴

内容が重複してしまうため、本日はそれ以外の角度から具体的に言いますと、例えば男性用の印鑑でしたら、男性として最も重要な印相上のツボがあります。

特級印材では、そこを思いっきり開けます。

スポンサーリンク

上級クラスの開運印鑑ではエネルギーを一気に開く仕掛けを入れる

つまりエネルギーがドバドバッと流れ込むような道筋を付ける彫り方をします。

男性として重要なツボとは、例えば地位・名誉というような社会的に発展するためのツボになり、特に男性はここを開けると全体も同時に整うことになります。一つのキーポイントになります。

薩摩上柘でも普通に開けますが、薩摩上柘(特級)以上は、圧倒的に開けます。

女性用の場合は、やはり女性としての幸せに一番重要なツボがありまして、そこを圧倒的に強く開けます。そうすると女性運が開くのです。

もちろん願望が成就するかどうかは、人としての努力や行動が伴わなくてはいけないのですが、相当別の力が働くので、開運印鑑があるとないのとでは全然違うはずです。

高齢者の場合は、特に健康の強くツボを開けます。これらはお客様からのご要望とは別に、私が独自に加える部分となります。

以上のように印材・素材としての質も違いがありますが、印相を作る内容にも差があり、お値段以上の価値は十分すぎるくらいあります。

印鑑は一度購入すれば10年単位で所有するものですので、特にご予算にお困りでない場合は、よりグレードの高いものをオススメします。

商売抜きで、良いものの持つエネルギーは格段に違うものです。

スポンサーリンク