名前が一文字の場合やひらがなやカタカナの名前の印鑑作成方法

女性で名前が一文字の方やひらがな、カタカナの方が「これで開運印鑑って作れるのでしょうか?」という質問が来たりします。

結論から言えば、どのような名前でも、例え英語であっても開運印鑑は作成できます。

結構一文字の名って多いものです。泉さんや瞳さんなんかもそうですね。

他にはカタカナやひらがなの人も周りにいますよね?

もし不可能なら日本人女性の1/5は開運印鑑ができない、ということになってしまいますね。
こんなことは有り得ないのです。

スポンサーリンク

開運印鑑の作成に文字数は関係ありません!

「3文字や2文字はできるが1文字はできない」ということ自体が有り得ないのです。どのような場合でもそれに相応しい方法というものがあるのです。

ひらがなやカタカナも同じです。確かに漢字の篆書体に相当する文字はありませんが、篆書風な変化を加えることによりちゃんとうまくできるようなっているのです。

だから英語であっても問題はありません。

この辺を誤解されている方も結構いらっしゃいますので。

また開運印鑑は文字の種類だけでできるものではなく、他にも最も重要な要素である生年月日など、いくつもの要素で成り立っているので、他の部分を強調することによりどんな場合にでも対応できる法則が存在するのです。

スポンサーリンク