風水表札【木曽桧】

【桧(ヒノキ)】は神社仏閣の建築や神棚、御社にも使用される神の木であり、また家相・風水学的に観ても、総桧で建てられた家は一番の吉相とされています。

人生の繁栄・家運隆昌・心身の健康の功徳を宿した最高レベルの素材と言えます。

桧の香りには人を癒す力があり、「フィトンチッド」や「ヒノキチオール」といった特有成分が爽快感を与え、精神を落ち着かせたり、疲労回復など人体に与える数々の効能が科学的にも認められており、癒しと繁栄の象徴と言えます。

「木曽桧」は数ある桧の産地の中でも、最も質の良い素材として有名です。

年輪の細かさや粘り、強度、美しさどれをとっても超一級品であり、桧と言えば木曽桧を指すことも多いです。

温かみのある木肌が桧の魅力

木曽桧の色は最初は白っぽく、肌色のような薄い色ですが、時と共に色が濃くなり味わい深い茶色がかった色へと変化していきます。経年変化が一番楽しめる素材でもあります。

建築材にも使われる素材ですので水には比較的強いですが、ヒバや一位に比べると柔らかい木となります。

一般的に「ヒノキ」といわれるものは植林材を指しますが、木曽桧は自然木、つまり【天然自生のヒノキ】になります。

冬の寒さの厳しい木曽谷では木の成長も遅く、一般的な桧と同じ直径になるまでには約3倍もの時間を要します。

その結果、年輪のよく詰まった優良な木材に成長するのです。

世界最古の木造建築である法隆寺や伊勢神宮に代表されますように、木曽桧のすぐれた性質は世界的な優秀材として知られています。

木曽桧表札のご注文

木曽桧 特別開運仕上 木曽桧 浮き彫り
特別開運仕上げ 浮き彫り
19,000円 17,000円

【寸法】210(高さ)×88(幅)×30(厚み)mm
【素材】国産木曽地方の桧材を使用
【彫り】「特別開運仕上」も「浮き彫り」も、両方<浮き彫り仕上げ>になります。
特別開運仕上は浮き彫りにプラスして、四隅に隠し彫りが入るもので、より縁起物としての性質を高めたものになります。

ご利用案内

  1. 表札の作成には、【彫刻するお名前】が必要です。注文書の【使用者名】の欄にご記入下さい。
  2. 縁起表札は、世帯主の姓名(フルネーム)で彫るのが基本ですが、「姓のみ」でも問題ありません。女性だけのお宅など、防犯上の心配がある場合は「姓のみ」をご指示下さい。
  3. 横書きにも対応できます。ご希望の場合は注文時に備考欄にて「横書き」をご指示下さい。
    横書きの場合は、後ろの穴が増えます。
    元々縦用の穴が空いてますので、プラスして横用の穴を空けることになります。予めご了承下さい。詳しくはこちらから。

■FAX注文はこちらから 用紙をプリントアウトしてご利用下さい。

木曽桧で作成する風水表札

  • 綺麗な化粧箱に入れて丁寧に配送します。★化粧箱は、仕入の状況により予告なしに変更になります。予めご了承ください。
  • 名前を浮かせて彫る!浮き彫りは立身出世、一家繁栄の縁起の良い彫り方です。
  • 特別開運仕上では、浮き彫りに加えて表札の四隅に【開運招福】の隠し彫りを配置致して、より気を充実させます。

木曽桧表札ご購入のお客様の声

木曽桧

  • 見事な出来栄えで大変満足しております。彫りが立派で風格のある立派な開運表札が届きました。
  • 郵便配達の方に、「立派な表札ですね!」と褒められました。
  • 木のぬくもりが感じられる表札です。自然の良さとパワーをもらい、感動しています。
  • 浮き彫りの、文字の立ち上がり具合が見事です。迫力満点で気に入っています。
  • 木目がとても優しいです。木の温かさを感じる素材で気に入っています。
  • 購入して数年経ちましたが、経年変化による色の変化が素晴らしいです。さすがに木曽桧ですね!
  • 浮き彫りがダイナミックで格好いいです。何気に入っている隠し彫りが職人技ですね。

木曽桧表札 免責事項

当店の開運表札は、全て天然の木を使用しているため、どれ一つとして同じ色や柄はありません。写真はあくまでも見本の一つでしかありませんので、実物とは違いが出てきます。また天然木ですので、小さな節が入る場合もありますし、裏面や側面には木工作業の工程の中で生じる僅かな薄い線や凹みもできる場合があります。予めご了承の上お申込み下さい。 また手作り木工製品という性格上、寸法も絶対ではありません。レイアウト・書体の大きさ・素材の寸法において、ミリ単位での誤差はあるものとご理解の上お申し込み下さい。完全オーダーメイドのため、お申し込み後のキャンセル、納品後の返品もできませんので、予めご了承の上ご注文下さい。

当ホームページ及びその内容(文章・記事・画像・写真等)は、著作権法により保護されています。無断でその一部、または全てを複製・複写・引用することは固く禁じられています。

スポンサーリンク