良い備えと悪い備え~潜在意識を使った開運の法則

潜在意識(無意識)は刷り込まれた情報を、確実に現象として現すものです。

良いことを思えば良い現象が、悪いことを思えば悪い結果が【時空を超えて】必ずと言っていいほど顕現されます。

<時空を超えて>というところがポイントで、いつ来るかは分からないところが、この扱いの難しさで、また人が気付かない原因にもなっています。

今思ったことが次の瞬間に現象として現れれば誰でも気付くのですが、様々な条件が加味されて、明日の場合もあれば、1年後の場合もあるのです。

しかし時間と空間を越えて、必ず顕現することは間違いのないところと言えます。

私はある程度思考コントロールできるようになっていますので、悪い想念はなるべく瞬間的に消し去るようにしています。

スポンサーリンク

準備をした事が潜在意識に刷り込まれて現実化する

ところで、よく悪いことが起きた時のために備えをする人がいます。

防災に関しては自然現象なので構わないのですが、

  • 何かを無くしたときのため
  • 盗まれた時のため
  • 嫌われたときのため
  • 失敗した時ため
  • 別れた時のため

等、まだ起きてもいないことを想定し、準備万端にするタイプの人もいます。

そして実際にその通りになり、「備えって大切だねーー」と。

でもそうなったのは、リアルにその事を考え抜いたから起きたとも言えます。実際そうなのですが。

まだ起きてもいないのに、マイナスな現象に対する備えをするのは、本当にその事が起きる可能性が高いので、なるべく考えないようにすることの方が、人生はスイスイと進むものです。

良い備えをすることによりプラスの現象が将来に現れる

それとは反対に良い備えをすることはプラスの暗示を働かせ、プラスの結果を導きます。

以前に実際にあったのは、未婚の女性が将来の旦那様のためにと、それに相応しい家具を買っていたら本当に結婚できた、というものです。

その人の頭の中には未来の映像が臨場感たっぷりに上映されており、実際に行動に出て家具を買っているわけですから、その顕現力は相当なものだったと推測されます。

よく成功者は「人とは普段考えてるそのものだ」と言います。

日頃考えている認識レベルの人生しか送れないのだとすると、どうしたらよいかは一目瞭然とも言えます。

スポンサーリンク