潜在意識の食事法<意識と思考法でストレス解消から健康へ転換する>

人間の体を作っているのは食事です。

「普段何を食べているか」で健康になったり病気になったりすることは否定できません。

化学成分・食品添加物や農薬たっぷりの食事、酸化した悪い油を日常的にたくさん採れば、それだけ病気のリスクは高まります。

スポンサーリンク

ストレスも病気の原因となる

しかし病気になるかどうかはこれだけが原因ではありません。
強いストレスを常に受けていれば病気になります。

そうです、人は「心の持ちよう」でも病気になってしまうのです。

ここ最近読売新聞に長寿の方の日常がどのようなあるかの連載がありましたが、皆に共通しているものの一つに「日頃の前向き・ポジティブな考え方がある」と感じました。

「心穏やかに、日々感謝して生きている」これが一つの共通項です。

ポジティブな心が持続できていればストレスは溜まりません。

現代の人々は食事も加工食品などの悪い食べ物が増えてきていますが、同時に強いストレスの受ける場面も多いため、両方のケアが必要と言えます。

マイナスの感情がストレスを誘発する

食事に気をつけるのは大変大切なことではありますが、極端に意識しすぎるとかえってマイナスに働くケースもあるようです。

「あれは体に悪い。よくない。あんなの食べていたら病気になる」等、あれはダメ、これはダメ、という世界に入ってしまうと、その意識下はマイナス想念に支配されてしまうのです。

要するに「体に悪い、よくない、ダメだ」というネガティブな単語とフレーズが潜在意識に沈みこみ、それが実現してしまう→さらに神経質に考える→極端になっていく→でも治らない、という悪循環に陥っている人も少なくありません。

潜在意識に何を刷り込むかでも病気になる

潜在意識は全てを実現する驚異的な力を秘めています。

「我々の脳は本当の力の数パーセントしか使っていない」とよく言われていますが、その数パーセントの世界が日頃自分が自覚している顕在意識です。

人間の知覚できる意識ですが、これは実にちっぽけなものです。その世界でああだこうだ、と一生懸命やっているのです。

そして残り95%を占める脅威の潜在意識は日頃の思考を再生するという特徴があります。

食事に気を付けながらも、もし日頃が「あれはダメだ、これはダメだ」という思考を繰り返していると、「ダメ・悪い・病気になる」という命令を潜在意識に送ってしまっているので、結果はかえって悪くなったりするのです。

この場合は思考を逆転する必要があります。

悪いものを避けるのではなく、良いものを積極的に採っていくポジティブな想いを持つことです。

「あれはいい、これもいい、こういう食事を始めてから体調がいい」という全ては良くなり続けるという上昇志向の思いの世界を続けることです。

そうすれば本当に体調は良くなります。

否定形の単語を受け付けない潜在意識の法則

潜在意識は<否定形を受け付けない>という特徴があります。

「病気にならないように」と普段から思っていると、「病気になる」という意識に変換されてしまいます。

それは「~にならない」という否定した部分を潜在意識が認識しないためです。つまりこの場合、「病気」という単語のみが潜在意識に埋め込まれるのです。

だから「病気にならないように」という言葉や思いではなく、「健康になる」というように言わなければいけません。

これを「潜在意識の単語法」といいます。と言ってもこれは私が命名した言葉ですが。

発展的でプラス思考の単語を日頃から意識して使うとその単語に凝縮された意味とイメージが潜在意識に染込みます。その結果いつか良い結果となって機能し始めるのです。

だから食事に気をつける場合でも、「病気にならないように食事に気をつける」のではなく、「より元気になるために食事に気をつける」のです。

また「体に悪いものは食べない」のではなく、「体に良いものをどんどん食べたいから、良いものを選んで食べる」のです。

無農薬や有機野菜、オーガニック食材を食べる場合、以上のような意識と一緒にしないと、全然よくならないという結果にもなるのです。

常にプラスの単語を使いイメージすること、これがとても大切なのです。

食事中の想念次第で運も悪くなる

潜在意識が無防備になる時間帯がいくつかあります。

その一つの時間帯が食事中です。

つまり食事中に何を見聞きしているかが、運不運を左右すると同時に体調にも影響を与えるのです。

あなたは食事の時に何を考え、どんな人と何を語りあっていますか?

もし、ランチの時間に同僚と職場の人間関係の悪口や噂話、人の恋愛や出世の妬み嫉みを語っているとしたら、あなたはこの先恋愛には当然恵まれませんし、出世からも遠ざけられてしまうでしょう。

食事中の潜在意識が開いて無防備な状態で、人をこき下ろすような単語を使っているなら、そのマイナスな単語とその単語に秘められたマイナスイメージが、自分の潜在意識に完全にインプットされてしまうからです。

そして潜在意識に強く入った事柄は実現します。

これは自分自身と自分の将来に毒をまいているようなものなのです。

また朝食や夕食時にニュースを見ながら、という方も多いのではないでしょうか?

でもニュースはほとんどが悲劇です。

事件や事故がとても多く報道されています。潜在意識が開いている時間にそのようなニュースは運勢に悲劇をもたらす可能性があるので、なるべくなら見ない方が良いでしょう。

それでは一番良いのはどのようなシーンでしょうか?

自分にプラスを与えてくれる素晴らしい人と、楽しく良い未来を語りながら、幸せな雰囲気で食事を採ることです。そしてなるべくテレビは見ずに、食事そのものを感謝し会話とともに楽しむことです。

これは立派な健康法にも運勢開運術にも成り得るものですから、意識して食事の時間を見つめてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク