朝日の昇る時間~印鑑の仕上げのひと時

一日の中でも一番気持ちがよく、気が澄み切っているのは早朝から午前中にかけてでしょうか。
東から上る太陽が一日の活力(エネルギー)を漲らせる時間帯です。

九星気学でいえば東の象意である【三碧木星】

三碧木星の象意という意味においては「新しいことを始めたり、勢いを増す発展力といったところになります。

スポンサーリンク

午前中の澄み切ったエネルギーとともに行う仕上げ作業

印鑑の製造過程には、鑑定(姓名や生年月日、その他)→字入れ→粗彫り→仕上げなどの作業がありますが、私は午前中に仕上げの彫りをするのが好きです。

作業場は会社の建物の東に位置しており、丁度朝日が入る部屋なのです。

太陽の上昇するこの時間帯に最後の仕上げの刀を入れる、清々しさの中に太陽の恵みをこめる気持ちで行なう仕上げ作業。

一日の始まりは開運印鑑にとっての最後の仕上げ、印鑑に命を吹き込む時間です。

この最も大切で充実した時間から、私の毎日の仕事がスタートしています。

スポンサーリンク