開運印鑑は3本セットを揃えると最強になる

  • 2009-12-14
  • 2021-01-06
  • 印鑑

印鑑には「3本セット揃って初めてあらゆる運気が整う」という意味があります。

単独でももちろん効果は発揮しますが、1+1+1が3ではなく、5にも6にもなるのです。

つまりそれぞれの役割を分担することにより、各々が効力を存分に発揮し、さらに相乗効果を生むという考え方です。

スポンサーリンク

印鑑の代用は力の分散を招く

逆に1本で実印、銀行印、認印を代用しようとすれば、力が分散することにより、1本の効力が半減どころか1/3以下になってしまうのです。

これではなかなか運は開きません。

実印・銀行印・認印にはそれぞれ意味があり、役割に応じた彫り方と寸法が決まっていますので、代用したりはせずに3本セットで購入されるのがベストといえます。

もちろんいきなり全部購入しなくても、段階を踏んで最終的に3本揃えば問題はありません。

開運印鑑は使わなくても運を強くするツール

また、「実印は使わないから」とか「銀行印も使用しない」という考え方も意味ありません。

なぜなら、開運印鑑は開運のためのツールであり、使用するかどうかの問題ではなく、運勢に直接影響するものだからです。

だからこそ、持っていることが大切と言えます。



  1. 一括査定はもう古い
  2. しつこい営業電話が来ない
  3. 個人情報が流れない
  4. 査定は自宅かお近くの提携店で、1回のみ

【かんたん、安心、高く売れる・オークション形式】
無料査定申込はかんたん30秒

かんたん、安心、高く売れる!車が高く売りたいならユーカーパック



スポンサーリンク