改名での実印作成は正しい判断か?開運印鑑を戸籍上の本名で作る理由

  • 2010-10-06
  • 2021-05-15
  • 印鑑

自分の名前の画数が悪いために、印鑑作成時に「普段使用している通称名(改名した名前)で開運印鑑を作りたい」という方もおられます。

「改名の名前で作った方がいいのでしょうか?」と。

しかし答えは「ノー」となります。

スポンサーリンク

開運印鑑には改名効果ある

印鑑には改名効果があり、100%ではありませんが、元の名前が悪くても災いを抑え開運に導く作用があります。
このため「悪い名前だったのに印鑑を作ってから全く気にならなくなった」という方が大勢います。

逆に、悪い名前だからこそ本名で印鑑を作れば、その名前の凶作用を抑えることができると言えます。

印鑑を戸籍上の本名で作ることを基本としているのはこのためです。

また法律上も本名でしか実印は作れないことになっております。

役所へ印鑑登録するには、本名での姓名、または姓か名が入っていることが絶対条件になっておりますので、戸籍と違う名前は使用できません。
これは銀行印の登録時も同じことが言えます。

※印相上も法律上も、結局は本名でしか印鑑は作れない、ということになります。
またそれがベストでもあるのです。

よって普段は通称名を使用して生活を送っていたとしても、印鑑を作る時は戸籍に登録された本名で作るということになります。

スポンサーリンク