三文判ならシャチハタを【三文判を持つと安っぽい人生の理由】

  • 2010-02-05
  • 2021-07-11
  • 印鑑

三文判は最も凶相の印鑑の一つです。

しかしその作用の現れ方が強烈ではないので、自分では分からないまま不運な人生を送っている人も多いのです。

例えば水晶やチタンの印鑑を持てば、明らかに不運が襲うので「何となく何かおかしい」と気づくのですが、三文判は何気なく恵まれない、うだつがあがらない、というごく自然な?不運人生なので分かりにくいのです。

これを銀行印に使えばお金は貯まらず、実印に使用すれば男性ならば全く出世コースから外れて、社会的地位のある方からは相手にされず、恵まれない一生を送ることになります。

スポンサーリンク

認印に三文判は意外と悪い影響力がある

ところで認印を三文判で済ませている人が意外とおられるようで驚きます。

そもそも印鑑がこれだけ運勢に直接作用するとは思ってもいないのでしょう。

でも大切に保管する実印とは違い、常に携帯し、捺印する頻度も高いので、使用者との一体感という意味では影響が強く、時には実印を凌ぐほど効果を表すこともあるので注意が必要です。

三文判は安物の人生を送る運勢

印鑑は自分の分身ですから三文判を使えば、一生三文判の安い人生なのです。

三文判を使えば社会的に位の高い人からは全く相手にされなくなると、印相で言われているほどです。

一時の節約?が一生の給料にさえ影響を表すのですから、何でも安く済ませればいいというものでもありませんね。

ところで三文判を使用するくらいなら、まだシャチハタの方がましと言えます。

もちろん推奨はしません。<三文判ならシャチハタ>くらいの感覚です。

シャチハタは公的な書類には認められませんので、いわゆる物としての扱い、一時的なツールという認識ですので、いかにも印鑑っぽい三文判よりも凶作用が少ないのです。

もちろん一番いいのはまともな開運印鑑を持つことです。

国際数霊印相学会の開運印鑑を使えば、そこから大逆転の人生が始まります。
印鑑の風格があなたの風格になるのです。

スポンサーリンク