開運する表札の書体

表札の書体について

開運の風水表札でよく使われる書体として楷書体と行書体がありますが、国際数霊印相学会では楷書体と行書体の良いところを取った【楷行書(かいぎょうしょ)】と呼ばれる書体を使用しています。

スポンサーリンク

風水表札で使われる書体が楷行書

楷書はしっかりとした文字ですが、やや堅苦しく、真面目な印象を与えます。
行書は流れるような美しさがありますが、やや柔らか過ぎますし、文字によっては崩しすぎ感も出てきます。

【楷行書】は二つの良いところだけを取った、最も風格のある最も表札に適した書体と言えます。

国際数霊印相学会の風水表札はこの【楷行書】のみにこだわり、職人が一枚一枚丁寧に謹製してお届けしております。

書体は楷行書が一番の吉相

開運隆昌の特別開運仕上

当店では通常の【浮き彫り仕上げ(文字を残し、周辺を彫り下げることにより、文字を浮かせる技法】に加えて、開運効果抜群の縁起の良い【特別開運仕上】をご用意しております。

  • 風水表札の四隅に【開運招福】と特殊な彫刻技術で隠し彫り(浮き彫り)致します。うっすらと微かに彫りこまれた文字に厳かなエネルギーを感じます。
  • 四隅を埋める事で表札の【体】が充実・安定し、より開運効果が高まります。
    あるのとないのではだいぶエネルギーの充実度が違って見えます。
    見た目にも力が漲っているのが感じ取れます。

特別開運仕上の隠し彫りの見本

隠し彫りはおぼろげに、ひそやかに入るところに意味があり、趣があるものです。決してくっきりと目立つように、主張するようなことはありません。ハッキリと見えるほど主張すると、隠し彫りの意味がなくなってしまいます。

玄関先においては表札は、1mくらいからの離れた場所から何気なく見るものですので、訪問客が見ても言われるまで気付かないのが普通です。

「実は文字が彫ってあった」という何気なさが、隠し彫りの意味するところなのです。

通常の浮き彫り仕上げのみでも、十分に縁起の良い表札と成り得ますが、より一層の縁起に対するこだわりを表札に込めたい場合には、是非特別開運仕上をお選びください。

スポンサーリンク