開運印鑑における姓名判断<物理的に画数が変わるのではない意味とは>

占い師に姓名判断をしてもらい、開運印鑑を購入するケースが多々ありますが、その占いの現場では誤った鑑定方法が多々行われているようです。

「画数が悪いから、印鑑で画数転換をすれば良くなる」等、の悪質なケースもあり「印鑑を買わなければ結婚はできない」など、とんでもない販売手法もあるようです。

こういう占い所で鑑定を受けた人から、「画数を変えたいのですができますか?」等の質問が結構きます。

スポンサーリンク

開運印鑑は物理的に画数を変えるものではない

はっきり言いましょう。画数というものは変わりません。

当たり前の事です。物理的な画数が変わるわけないのです。(結果として改名効果があるのは事実ですが、20画の名前そのものが31画に変わるわけありません、という意味です。別の方法により31画の意味をプラスすることは可能です)

印相というのは、新たなエネルギーの道筋を作り、プラスのエネルギーを与えることにより、もともとの悪い部分を補ったり、更なるプラスを加えるものです。

画数そのものが変わるのではなく、姓名判断や生年月日上のマイナスを別の角度からプラスに、プラスをさらにプラスにするのが印相であります。

さらには同時にマイナス面を補い、エネルギーの流れが悪いところを通し、運の良くなるような機運を意識的に作るのが印相とも言えます。

スポンサーリンク