巷の占い師②占い師には開運印鑑は作れません

昨日の印鑑商法の話の続きになります。

占い師に運勢を見てもらってから、高額な開運印鑑を勧められる場合は、その印鑑は100%外注です。
つまり、その占い師が開運印鑑を作っているのではなく、どこかの制作会社に注文をしているのです。

当たり前です。普通の占い師は印鑑を彫ることはできませんので。

スポンサーリンク

印相は秘伝のさらに秘中の技

印相は一般に開かれた占いではありませんし、なんとなくの鑑定はできても印鑑は普通は作れません。また篆刻文字にも知識が全くない場合がほとんどです。

以前、とある有名な占い師に印鑑作成を依頼されたときも、「私は全く印鑑は分かりませんので、100%お任せします」と言われたものです。

しかしお客様の前では、「31画の大吉の印鑑にしましょう!」「24画だと結婚できます!」と、もっともらしく語る訳です。

しかし、もともと印鑑には無知ですので、そのようにできる訳がありません。

最終的には裏に控えている印鑑製作会社に丸投げなわけですね。

(続く・・・・)



■サービスの特徴

  1. 生産者から直接食材が届くため、圧倒的に新鮮
  2. 個性あふれる生産者さんと直接メッセージのやりとりが可能。
    生産者さんおすすめのレシピを聞くこともできます。
  3. 市場に出回らない珍しい食材や、食べチョクでしか買えない限定商品も販売

全国3,000軒を超える農家・漁師から新鮮食材をお取り寄せする

スポンサーリンク