天から降りてきたヒラメキはすぐにメモに書き留めること

「いつやるか?」
「今でしょ!」

有名学習塾「東進ハイスクール」の林修先生の言葉が大流行になっています。

そしてこれは運を開く、開運の法則でもあります。

今日はヒラメキを確実に物にする法則について書かせて頂きます。

スポンサーリンク

ひらめきを今その時に書き留める重要性

素晴らしいインスピレーションを得た時には、まさにその時に何かに書き留めなければいけません。

「後でいいかな」とか「これはちゃんと覚えているから大丈夫」とか思って余裕でいると、「あれ???何だっけ?」「さっきまで覚えていたのに、全然出てこない」ということになってしまいます。

挙句の果てには、インスピレーションが降りてきたことすら、忘れてしまうこともあります。

今降りてきたヒラメキは、その時を逃すと他の膨大な物事や情報の中に埋没してしまい、忘れてしまう特性があるのです。

それはなぜかと言うと、インスピレーション自体は自分の頭で考えたものでなく、まさに天から降りてきた瞬間の内容なので、もともと自分の中になかったもののため、記憶に定着していないのです

またインスピレーションがおりたその瞬間は、アイデアのイメージが同時に実感できているので、その時に書くと、イメージと一緒に記憶に残るのです。
だから後で読み返しても、そのヒラメキをちゃんと物にできるようになるのです。

「いつやる?」
「今でしょ!」

単純な中に深い意味がある言葉と言えます。

スポンサーリンク