印鑑のサイズと用途<正しい印相学の法則と3本で揃える意味>

  • 2010-05-26
  • 2021-05-14
  • 印鑑

印鑑は基本的に用途は一つです。

実印なら実印としての使用になるわけで、同様に認印を銀行印や実印として使うことはできません。

もちろん印相上での話しです。

スポンサーリンク

用途に応じた印鑑のサイズと彫り方がある

現実的には認印を銀行印として登録することはできますが、そのようなことをしたら、結果として金運に恵まれず、小さな運気に落ち着いてしまいます。なぜならば認印の作り方は銀行印としての役割に適した作り方になっていないからです。

さらには縦彫りの認印は天から降りてくる財運のエネルギーを受け止めることができず、すり抜けてしまいますから、財運に恵まれない運気となってしまうのです。

浮かばれない人生を送っている人たちはほとんど認印しか持っていません

周りにいる人をよく見てください。

恵まれない人は認印しか持参していない場合が多々あります。そのような人は大抵三文判ですので、更に凶運となっているはずです。

何故印鑑は3本に分かれているのか?

それは一つの印鑑で全てをまかなうことができず、それ故にそれぞれの特徴を最大限に発揮するためにサイズと彫り方が異なるわけです。

全て明確な理由に基くのが印相ですので、兼用はせず、3本で揃えるのが一番よいと言えます。

スポンサーリンク