温もりのある本柘印材~Oリングテストで分かる人との相性

  • 2009-05-13
  • 2020-11-12
  • 印材

柘の印鑑には他では味わえない温もりがあります。

自然の樹木ですから人の手のひらにしっかりと馴染み、温もりの中に清々しさとエネルギーを感じます。

この本柘と人間の相性を計るテストがありますので、紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

Oリングテストで分かる、人と木の相性

Oリングテストと呼ばれており、皆様よくご存知かと思われます。

Oリング

どちらか一方の手に印材を持ち、もう一方の手でOリングをつくり、誰かに引っ張ってもらいます。
象牙や黒水牛や他の印材を持つと力が抜けて開いてしまいますが、柘でテストすると力が入り指は開きません。

よく考えれば分かることですが、動物の死骸から採取した骨から作った印材が、人の魂を宿す印材に相応しい訳はなく、自然の樹木である本柘に到底勝てるはずはありません。

人の魂に馴染み、開運の効力をしっかりと発揮できるのは、地球の大地に生まれた自然の本柘印鑑以外には存在しないのです。

だから国際数霊印相学会は柘一筋にこだわります。

最上級の本柘材質を直接仕入れ、本物の印相法により大吉の開運印鑑のみをお作りさせて頂いております。

柘以外の印材を使用するお店は、結局は印相の真髄に至らず、または商売に走ってしまって本来の印鑑職人の使命から逸脱してしまったかの、どちらかと言えます。

スポンサーリンク